9歳の息子が歯の痛みを訴え、近所の歯科医院に通院することになりました。

奥歯の痛みを訴えるとレントゲンをとり、いまはまだ乳歯で大人の歯が押しているから痛むのだろうと、何もしてくれませんでした。さらに数日後また痛むので診察に行くと、目で見ただけで診察結果はかわりなく何もしてくれず、さらに数日たちやはり毎日痛むようなので診察にいき再度レントゲンをとると大きな虫歯があるので削って銀歯を入れます、とあっさり言われました。いままで一度も銀歯を入れたことはなく、なんども通院した結果、結局虫歯という事実に怒りを覚えました。

先生は50代半ばくらいで、診察のたびに眼鏡を老眼なのか上下させながら見る様子で、しっかりみえているのか怪しいなとは感じていました。

その後、もう二度とこの歯科にはいかないと決め、人気の歯科に変えました。しばらくしてその奥歯の歯茎が張れてきました。新しい歯科に行くと、銀歯を入れたさいの処置が悪く膿がでてたまってはれているという診断でした。さらに、怒り心頭です。最初にあったときに、眼鏡を頻繁に触る感じや説明があいまいなとこなど不安要素があったので、その時点で病院を変えるべきでした。自分のカンというかそういうものを今後は大事にしたいとおもった一件でした。

PR|乳がん検診を予約する|