がん検査というのは、そのガンを見つけることができるということと、その他の病気についても見つけることができるという事ですね。そのため、医師から指摘をされたら必ず近いうちにがんを見つけるための精密検査を受けることが大切と思っています。

この前友人も、その検査を受けました。そして大腸の検査を行った結果、ガンではなくポリープであることがわかったのです。小さいポリープなので心配はないということでしたが、今後注意が必要ですね。そのことがガンではないとわかったものの、ポリープであることがわかり、安心できない状況です。

しかしその検査を受けることにより、自分の生活習慣を見直すきっかけとなったことをとても良かったと思っているのです。その友人は、暴飲暴食を繰り返していました。そんなことをしていたら、いつか病気になると思っていたのです。ガンではありませんが、実際にポリープであったことがわかったのです。それ以後、食生活ががらっと変わっています。