高血圧症ときいてすぐに心臓病や脳血管障害など重篤な病気につながるというイメージがあるかもしれません。そして高血圧症だと診断されればすぐに治療して治さなければと考える人も多いと思います。そういう私も若くして高血圧症になったので早めに治してしまおうと考えていました。しかし、医師に確認すると一度高血圧になるとなかなか下がらず、投薬を始めてしまうとまずやめることが出来ないといわれショックをうけたました。ただ高血圧症だからといってすぐに心臓発作や脳梗塞になるわけではなく高血圧症を放置していると血管に血栓ができやすくなったりつまりやすくなったりするということで、薬ででも血圧を下げることによってそういう状態を防いでいれば大丈夫だとわかりました。高血圧症は怪我を完治させてしまうというようなとりくみではなく血圧を安定させた状態を保ち続けるといった考え方で取り組んだほうが、心理的にも負担がなく健康を維持できるということもわかってきました。