乳がんの手術で入院をして感じたことは医療費が非常に高く、どのような項目でかかるか詳しく知らないと不安になることです。医療費は国民健康保険に加入すれば三割負担になりますが、最近では高齢者の負担額が増えて厳しい世の中になったと実感させられました。入院はベッドに入るとリラックスできるかといえばそうでもなく、費用が高くなることに不安に感じるため落ち着いて寝られなく逆にストレスを感じたものです。

医療費は市役所や協会けんぽなどに申請すると収入の状況によって最大負担額があり、超えた分は払わずに済むため安心しました。入院は日数によってかなりの料金がかかり、日々の検査や食事だけでなく病室や看護師などのサービスの対価としてビジネスホテル並の金額が請求されて驚きました。

入院は医療費が非常に高く点数の決め方を知らないと戸惑い、病気とは大変なことだと実感させられました。医療費は高くなれば確定申告をすると還付してもらえ、領収書は絶対に保管しないといけないことが分かって良かったです。