私はいつも病院を選ぶ際には「出張医の担当している外来数、在籍医数、小児科の有無」を見て判断します。近年、医師不足が騒がれ病院も医師を確保するのには相当苦労していると思います。医者が集まる病院を考えたらわかるように常勤医が常にいる病院は、症例が豊富で経営力があり医療従事者にそれなりの給料が払えることを意味します。そんな病院であれば当然、出張医の数は少なくまたは0であります。そこでまずは病院の力量を図ります。
次に小児科の有無です。医療業界の中では産婦人科と小児科の訴訟が多くなり手がいないのが現状です。そのため絶対数が不足しており病院が小児科医を確保するのは本当に大変なことです。小児科は特殊であり大人を相手にする医療とは異なります。そのため報酬も必然と高くなっていき、それを払えるレベルの無い病院では出張医に依頼したり、小児科自体を開設しないという病院も多くなってきています。こういったところから大体ですが病院が良いか悪いかが判断できます。