誰でも、一生のうちに1度は、入院することあるかもしれません。
すでに入院経験をしている人もいるでしょうが。入院病棟に入る時、個室に入ることは費用がかかり過ぎて、共同の病室になることが多いと思います。
病院によって、1室に入る人数は異なりますが、4人~6人といった広さでしょう。
このような病室に入る時は、やはりお隣の患者さんに気を配ることが必要なことが大事です。
当たり前のことなのですが、あまり守られていないことが少なくないからです。
お見舞いに来た人との談笑は、1人で気が落ち込みそうにはなっている気持ちを励ましてくれます。
しかし、カーテン1枚で仕切られている病室では、どうしても、隣りの声が気になるものです。
また、消灯時間後も同じです。
最近は、スマホを持ち込んで楽しむ患者さんも増えています。
ワンセグでテレビを見ることもできるので便利なのですが、ヘッドホンから音が漏れてくることもよくあります。
自分では中々、気付かないのですが、消灯し静かな寝静まりかえった病室では、すごく音が大きく感じるものです。
「自分だけは。」
という気持ちを抑えて、他の患者さんに配慮することは、最低限のエチケットです。