今から約1年前、私の祖父が肝臓ガンになり入院したことがありました。元々、祖父はC型肝炎を患っており、CTやMRI、血液検査などを定期的に行っていました。その定期検査で肝臓に影があるということで、造影剤を用いたCT検査を行ったところ「肝臓ガン」と診断されたのです。幸いにも初期の段階で発見できたため、先生からもきちんと治療すれば治ると言われたのですが、「ガン」と宣告されただけあって家族全員落ち込みました。しかし、誰よりも辛いのは宣告された祖父本人であって、祖父の前では極力明るく振る舞うよう私たち家族は心掛けていました。私はできるだけ祖父の側で支えてあげたいと思っていたので、祖父が入院してからは時間の許す限り毎日病院へ通いました。そして、手術前夜は病院に泊まり込み、祖父の不安を少しでも和らげるようにしました。そのおかげか、手術も無事に成功し、今でも元気に暮らしています。

大切な人が病気になると気分が落ち込んだりしますが、そこは明るく振る舞うべきだと思います。

明るく振る舞うことで、病気と闘っている人に勇気と希望を与えられ、その人の活力に繋がるのだと実感しました。

PR|GetMoney|心の童話|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|ショッピングカート|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|アフィリエイト相互リンク|工務店向け集客ノウハウ|貯蓄|内職 アルバイト|童話|住宅リフォーム総合情報|初値予想|